GIVING CAMPAIGN 2022

全国の大学・大学生を応援し
教育・研究分野への
支援の輪を広げる

GIVING CAMPAIGN 2022

たくさんのご支援
ありがとうございます

累計イベント参加者
---
累計応援コメント数
---
累計寄付金額
集計中

応援コメント

参加大学
universities

協賛企業
sponsors

Giving Campaignとは
what's giving campaign

全国の大学・大学生を応援し
教育・研究分野への支援の輪を広げる
オンラインチャリティーイベント

キャンペーン期間中に集まった寄付金は、
応援の数を参考に大学/学生団体に寄付されます

参加方法
how to participate

  • 01
    「応援」

    みなさまから集まった「応援の数」を参考に参加団体へ寄付金が分配されます。

    ※応援メッセージを送ることも可能です。

  • 02
    「寄付」

    任意で参加団体 / 大学に
    寄付することが可能です。

    1口1,000円〜

Giving Campaignの目的
what we aim

Giving Campaignを通じて
教育・研究領域への寄付文化醸成を実現する

日本社会の原動力である教育・研究分野は今苦境に立たされています。
若手研究者の安定的なポスト数、博士進学者率、世界Top10論文数の順位など、研究力の基盤、結果を示す数値が1990年後半を境に右肩下がりになっています。

国立大学の40歳未満の任期なしポストのグラフ修士卒業者に占める博士進学者の割合のグラフTOP10論文数の各国順位のグラフ

その原因の一つとして大学の財政難が挙げられます。
大学運営の50%を占める運営交付金は減少傾向にあり、私立大学において75%の財源を占める授業料収入も今後の少子化に伴い縮小していきます。

国利大学法人運営費交付金の推移のグラフ18歳の人口推移のグラフ

巨大基金を有するアメリカをはじめ、
潤沢な資本を持つ海外大学との取り組みの差は年々広がっており、そのことが日本の発展・成長力の減衰に繋がる可能性があります。

大学基金規模のグラフ海外大学の収入とその成長率のグラフ

改めて日本における教育と研究というインフラへの投資必要性を議題に挙げ、
教育・研究分野に自然に支援が集まる社会を、今回のGiving Campaignを通じて実現したいと考えております。

よくあるご質問
faq

キャンペーンについて

参加方法について